スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへいつもご訪問頂きありがとうございます!

あまえんぼう

昨年の今頃、ミロをペットショップから家に迎えたときのこと。

ペットショップの店員さんが、しきりにこの子はあまえんぼうだと言っていた。
あまりその言葉を意識しないまま、1ヶ月が過ぎた頃、

動物病院でも同じことを言われた。あまえんぼうだとw

正直、ミロが「あまえんぼう」であるという実感をあまり持たないまま1年が過ぎたのだが、最近は頻繁に擦り寄ってくるようになった。
「カシャぶん」遊びが相当気に入ったことも影響しているだろう。「かまって」オーラがすごい。
2015101102.jpg
遊んでくれるまでこんな顔でずっとついてくるようになった。
ミロは口角上がりめの顔なので、微笑んでいるような、それでいて額の「眉間のしわ」模様のため、怒っているような。。
そのときのこちらの気分でいかようにも見える微妙な表情でずっとついてくる。

妙に写真がアップめなのは、娘の運動会で望遠レンズの付いた一眼レフで撮ったためです。

2015101101.jpg
PCなどで別のことをしていると、こちらを観察できる場所で眠りはじめる。
そして、薄めを開いている(笑)

静かに歩けるくせに、わざとドタドタ音を立てて歩いたりする。
でも、抱っこすると逃げる(笑) このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへいつもご訪問頂きありがとうございます!
スポンサーサイト

猫の後ろ脚のハゲている部分について

後ろ脚の毛が、一部分剥げていることに気付いた。
s-2015052101.jpg


また皮膚病だ!
と思ったが、よぉぉく見るともう片方の後ろ脚の同じ部分も剥げている。

ネコ 後ろ脚 ハゲ

というワードで検索すると、これはどうやらネコの座り方の癖、または、走りだしたり止まったり。方向転換するときに軸にする部分にできるタコのようなものであることがわかった。

人間で言う「あぐらダコ」みたいなものでしょうかw

真菌用のスプレーをピンポイントで噴射してしまった。さぞ驚いたことだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへいつもご訪問頂きありがとうございます!

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ネコと押入れ

 猫は押入れに入るのが好きというイメージがあるのはドラえもんの影響だろうか?
 それとも昔の民家だと、押入れの中にはネズミが出るものなのだろうか。

 一応、我が家ではネズミやゴキブリは出ませんが、ミロは押入れに入ります。やっぱり穴蔵に入る・・・的な習性なのかな?
s-2015051001.jpg
 夏物を出して整理していた機会に押し入れに入ったミロ。眠たげな感じで入ったのに、我が家に来てから初踏破のためか若干のテンションアップ。

 阿形
s-2015051002.jpg

 吽形
s-2015051003.jpg

 2階の押入れは暑いのか、この神社っぽい2枚の写真を撮らせたあと出て行った。

--------

 キッチンの水栓を交換すべくあれこれいじっていたら指をざっくり切ってしまった。
 血はあまり出なかったが、非常に痛かった。浸出液みたいなものが傷口に溢れてくる。

 昔は怪我をすると、消毒してガーゼをあて、さらに消毒して…などと、とにかく患部を殺菌する方向性の治療が行われていたが、最近はそうではないらしい。そういう方法はかえってケガの治りを遅くするうえ、傷口にくっついたガーゼの取り外しで患者に苦痛を強いると言われているのだとか。

 傷は湿潤な環境下で最も良く治癒する。つまり傷はドライに保つのではなく、浸出液でベタベタにしておいた方がよく治るというのだ。

 それを信じて、浸出液を拭き取らず、傷口をジュクジュクしたままに保っておいたら、確かに治ってきた。昨日はドリップの滲んだマグロの刺身みたいだった傷口が、今日はロースハムの断面みたいになった。

 なんかダラダラした文章になったので、最後に生々しい表現を入れてみた。 このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへいつもご訪問頂きありがとうございます!

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

野性的コミュニケーション

猫は色々な隙間から私達を観察している。
2015041201.jpg
猫は元来そういう習性の動物だから仕方ないが、実は、
私もそういう習性?癖?がある人間なのだ

いやいや決して変な意味ではない。覗き趣味もない。ただ、ドアの影とか、物の隙間などから向こうの様子などを観察するくせがあるのだ。

全然うまく説明できてないな(笑)

・例えば電車に乗る。ドアが閉まる。ドアとドアの間にはゴムがあって、上端や下端にほんの少しだけ隙間がある。
・例えばエレベーターに乗りこむとき、床とカゴの隙間から下が見える。

なんとなく、そういう部分を眺めてしまう癖があるのだ。

そうすると、街を歩いていてもそうなのだが、とにかく猫と目があうw
マンションの外壁と植栽の間とか、自動販売機とその横にある空き缶入れの間。
非常階段と雨樋の間やビルの裏側の室外機の上など、よぉーく見ると彼らも私を見ている。

だからミロともよく目が合う。
カーテンやドアの隙間をみているとミロも反対側からこちらを見ている。

たまにミロの上を行ける時もある。
ソファの枠とクッションの隙間から(私が)先んじて観察していることにミロが気づくと非常に驚き、「そういうのやめて」と言わんばかりに飛びかかってくることもある(笑)

何となく動物同士の野性的なコミュニケーションのような気がして、本能にくる楽しさがある。 このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへいつもご訪問頂きありがとうございます!

待ち伏せ型

虎や猫というのは「待ち伏せ型」の狩猟をする動物で、物陰から相手を襲う狩りを得意としている。
この点、ニオイを頼りに長時間敵を追跡するタイプの狼や犬とは生き方が違う。

そんなこともあってか、とにかく無臭。無音。
余計なときはバタバタうるさいがw、狩りの延長線上の遊びのときは、かえって足音がしなかったりする。

静かだから寝ているのかと思うと、とんでもないイタズラをしようとしていたりする。
チェストの上から携帯を落とそうとしていたり、水槽のフタを開けようとしていたり、油をなめていたり(笑)

ソファとかテレビの裏にいるときの見つけ辛さはさすがだ。

2015040705.jpg

おもちゃでついおびき出されてしまうところも、愛玩動物としてさすがと言わざるをえない。 このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへいつもご訪問頂きありがとうございます!

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

スポンサードリンク
プロフィール

nekonoiru

Author:nekonoiru
2014年9月20日にやってきたミロ(アメリカンショートヘア・ブルータビー)。猫のいる生活を選んだ管理人の壮絶なる?闘いの日記。

相互リンク大歓迎です。といいますか、こちらこそよろしく願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

看板猫と山間の田舎暮らし

漫筆録

猫ブログ 夜な夜な猫集会
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。